ロンドンで現代アートをお金をかけず巡る旅

世界的に有名なイギリス人アーティストは多い

音楽・美術に関わらず、数々の世界的なアーティストを生み出してきたイギリス。ジョークと紳士の国、イギリスには芸術家を多く輩出する土壌があるようです。世界的なイギリス人アーティストといえばまずミュージシャンが思い浮かぶ人も多かと思いますが、美術の方でも結構多くの作家が世界的に有名になっています。ロンドンにある国営の博物館や美術館の多くは入場料が無料で、好きな時に芸術を楽しめます。その自由さもイギリス芸術に影響を与えているのでしょうか?

現代アートの都ロンドン

ロンドンには、現代アート界では有名なギャラリーがゴロゴロあります。その名を上げていけばきりがないので、オススメだけをちょこっと紹介したいと思います。まずはサーチギャラリー。ここはもう、大御所中の大御所です。ギャラリーなので入場料は無料なのにも関わらず、有名作家の作品が目白押し。ギャラリーって儲かるのかなと勘違いしてしまいそうなくらい大きな建物に、質の高い企画展格が違います。地下鉄Sloane Square駅から徒歩数分なので、行きやすいのも魅力です。

個性的なギャラリーが多数

ホワイトチャペル・ギャラリーもロンドンアート旅行には欠かせないスポットです。チャペルなので結婚式場と思う方もいるかもしれませんが、ユニークな建物のギャラリーです。サーチギャラリーのコレクションがあまり好きではない人達が絶賛する傾向にあるので、アートの方向性が違うのかもしれません。サーチが合わなかった人はこっちを訪れてみるのも良いでしょう。その他、ロンドンにはギャラリー街というギャラリーがまとまってあるエリアがいくつか存在するので、無料でアートを楽しめる旅には事欠きません。イギリス最高!

コッツウォルズは、標高300メートル以上にもなる丘陵地帯であり、有名な観光スポットにもなっています。