子供への最初のプレゼント!名前を決めるときの注意点

漢字の意味をしっかり調べよう

最近、一見して読めない名前や難しい感じ、簡単だけど人の名前に使うには違和感のある漢字など、様々な名前が増えています。本当にその名前を付けていいのか、しっかりと考える必要があります。例えば「止」という字。この漢字を使う上でしっかりとした意味がある場合は別ですが、「どこかで立ち止まる」だとか、「止めてしまう」というようなイメージも否めませんよね。最近では減りつつある「子」という字は、「一から了まで」つまり、生涯をこういう風に全うしてほしい、というような願いが込められている場合も多くあります。何気ない漢字一つとっても意味はいろいろ。しっかりと調べて、子どもにとって意味のある誇れる名前をつけましょう。

しっかりと由来を考えた命名を

将来子供にどういう人生を歩んでほしいか、命名するときに考えるポイントの一つだと思います。例えば「愛子」なら、「生涯人に愛される子であってほしい」「優子」なら「生涯人にやさしく出来る子であってほしい」などなど。名前には名付ける人の願いや子供への気持ちがしっかりと詰まった、意味のあるものをつけましょう。どんな名前でも、名付けるときに意味を込めて、願いを込めて付けた名前は子供にとって素敵なたった一つしかない一生ものの宝物になることでしょう。

子供が成長した後のことも考えて

名前にも流行り廃りはあり、新しい名前や古臭いと分類される名前などありますよね。新旧どんな名前でも、いい、悪いは基本的にはありません。ただ、一つ考えるポイントとしては、子どもはいつか成長して自分達の手から離れていきます。一人立ちして、一人の大人として歩きはじめ、結婚して、子どもを産んで、年老いてそう言った成長していく上で、いつ誰に呼ばれても恥ずかしくない、誰からも親しまれる名前をつけてあげたいですね。名前は生涯ずっと付いてくるものです。子供の将来にとっても、いいものを考えましょう。

気になる人ができた時に、相性を知りたくなります。そのような時、気軽に相性がわかる姓名判断がおすすめです。