岩盤浴はメリットいっぱい!その魅力とは?

サウナと何が違うの?

サウナと岩盤浴は湯に入らずして発汗するので似ていますが、正確には似て非なるものです。決定的な違いとしては、環境の違いです。サウナはサウナ室に入った途端に尋常ではない熱が体に襲い掛かり、すぐさま発汗します。水風呂でさっぱりする為に多くの人は我慢していますが、大きく呼吸をすると喉が苦しくなりますし、快適な環境とは言えません。岩盤浴は楽に呼吸ができる快適な環境で、長い時間をかけて発汗します。多くの場合寝転べるので体勢も楽です。

お湯で発汗する場合との違い

岩盤浴は、岩盤浴専門のお店で体験できますし、温泉施設に岩盤浴スペースがある場合もあります。お風呂で発汗すれば良いのではないかと思いがちですが、岩盤浴ならではの良さもあります。お風呂と岩盤浴の違いは湯の有無です。湯に入れば水圧を受けるので血圧の変動が大きくなります。冬場に多く発生するヒートショックは、この血圧変動が主な原因です。岩盤浴は湯に入らないので血圧の急激な変動なく発汗できるので、体に優しいです。

安全に利用する為には

様々なメリットがある岩盤浴ですが、正しく利用しないと逆に危険です。一番注意しなければいけないのは水分補給です。岩盤浴に入れば多くの発汗があるので、少なくとも岩盤浴に入る15分前には多くの水分を摂取する必要があります。もし水分の摂取が不十分ですと、血液がドロドロになり血管が詰まる梗塞系の病気になる可能性もあります。単なる水だけでなく、ビタミンやミネラルも流出するので、同時に補給しなければいけません。

岩盤浴を浦和で行う際には、設備面や清潔感などに定評のある店舗を選ぶことで、より快適な気分で利用できます。