騒音問題の解決方法はこれだ!人に迷惑をかけない楽器の練習方法

お金に余裕があるなら防音ルーム

楽器を購入して練習を行う場合、一番困るのが騒音の問題です。エレキギターをアンプにつないで弾けば、確実にほかの部屋に音が伝わりますし、ドラムを叩いた場合は家の外にまで音が響くことになります。では、できるだけ音を響かせることなく、楽器の練習を行うにはどうすればいいのでしょうか。まず考えられるのが防音ルームを作って、その中で練習を行うという方法です。音大生など、家でも常に練習しないといけないような人は、防音ルームがある部屋を借りる人も珍しくありません。

本番直前だけスタジオを借りるという方法

しかし、防音ルームを新しく作るのはお金がかかりますし、プロになるために楽器を練習するのではなく、趣味で弾ければいいという人にとっては、わざわざ練習専用の部屋を作るのは大げさということになるでしょう。あまりお金をかけずに音の問題を解決したい場合は、家の中ではアンプを利用しない、あるいは消音器を利用するという方法で練習し、ライブなど本番が近くなったらスタジオを借りるという方法があります。練習スタジオは機材も揃っていますし、利用料金は一時間数百円と安価です。

電気の力を借りれば音をコントロールできる

ただ、常にリアルな音が出ていないと練習に身が入らないという人もいるでしょう。そういう人向けに、楽器によってはサイレント機能を使えるものがあります。たとえば、ピアノやドラムなどです。電子ドラムはシンバルなどがゴム製で叩いてもほとんど音がしません。しかし、ヘッドホンをつなぐことでリアルな音を聞くことができます。ピアノとドラムは、日本の住宅事情だと部屋に本物を置いて練習することは難しいので、電気で音のコントロールをできるものは便利です。

19世紀にベルギーで開発された木管楽器、サクソフォーンは「サックス」と略されることが多いです。吹奏楽をはじめ、ジャズやロックにも用いられます。